オフィスJOC

講演・セミナー

が支持される理由

こんな人におすすめ
管理職管理職候補
透析ナース
援助職
新人大学生

いのちの現場の体験からノウハウにしてお伝えします。

腎透析領域の看護キャリア39年、日本腎不全看護学会理事、日本サイコネフロロジー研究会世話人、腎透析領域での書籍執筆も多数ありのオカンこと岡山ミサ子がいのちの現場の体験をノウハウにして伝え、“心といのちのケア”ができる社会のために講演いたします。
これまでに日本学校保健研修会様、透析懇談会様、秋田腎不全看護セミナー様、日本腎不全看護学会様、南大阪サイコネフロロジー研究会様、など多くの企業・団体様から依頼をいただいています。

講演・セミナー写真-1講演・セミナー写真-2

主な講演・セミナー内容例

お客様のご要望をお伺いし、参加者に合った講演・セミナーを行います。まずはお気軽にご相談ください。

自分と他者を大事にすること

概要
目的
他の参加者同士で語り合い、場を共有することで、自分の感情に気づき、表現できる
内容
第11回日本学校保健研修会で養護教諭50人に講演いたしました。子どもに対する自分の気持ち、子どもから死にたいと相談されたらどうすかなど困難ケースへの対応、支えあることなど、ワークを入れながら参加者同士で意見を交換することで子どもと自分の関係を振り返るきっかけとなりました。
参加者の声
  • 自分のことを振り返り、素直に表現したりする機会をあまり持たなかったので、大変よい機会となりました。
  • 子どもたちのとの関わり、人との関わり、自分との関わりを考えるとてもよい機会になりました。
  • ワークが情報交換ができてよかった。
  • 自分自身が癒されました。

透析患者の家族看護・支援

概要
目的
透析患者の家族看護と支援について
内容
第16回透析懇談会で透析医療関係者120名に講演をいたしました。高齢透析患者とその家族の課題、家族の負担、ストレス、支援して欲しいことなど調査データで説明いたしました。また家族・支援プロジェクトの実践紹介や家族事例介入、家族交流会について紹介します。家族支援のあり方を見つめ直すきっかけとなりました。
参加者の声
  • どんな風に家族支援プロジェクトを作ったのか知りたいです。
  • 家族との面談時注意することがわかりました。
  • 患者の背景ではなく、家族を支援する必要性がわかりました。
  • 家族交流会を開いてみたいと思います。

セルフケア支援(Ca・P・水分・塩分管理の困難な患者への指導・支援)

概要
目的
Ca・P・水分・塩分管理の困難な患者への指導・支援
内容
第11回秋田腎不全看護セミナー、看護師70名に講演をいたしました。慢性疾患患者のセルフケア確立に向けての5つの課題とアプローチを実際指導している教材、指導実例を紹介しながら、指導・援助・支援・相談・協力的アプローチ方法をお話させていただきました。
参加者の声
  • 具体的な教材がわかりやすかったです。
  • 自分の日頃の指導を見直し機会になりました。
  • 自己管理で困っている患者に実践してみたいです。
  • 指導するときはコミュニケーションが大事だと思いました。

最近の講演・セミナーレポート

現在、投稿はありません。

参加者の声

現在、投稿はありません。